CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
Romantische

ロマンティッシュ公式サイト
Twitter
Counter
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
RECOMMEND
OTHERS
SPONSORED LINKS

Cherblue

「ヒカリ」もしくは「アカリ」の視点から見たロマンティッシュライフダイアリー。
らくがきやつぶやき、日常の出来事を基にした創作など。
はじめましての方はカテゴリー「はじめに」からご覧下さい。
<< 11月になりました | main | お気に入りの広場 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
w/まりにゃん#2
 またまた「マリオの中の人」こと まりにゃん とおえかきチャットしたよー!\(^O^)/絵茶絵茶!

いつもまりにゃんと幸せな時間を共有できてうれしいです、ありがとう!


もうまりにゃんとの絵茶って時点で
とゆうかマリオが登場した時点で察していただけるとは思いますが
今回もひじょうにマリヒカなので、
男の子同士でらぶらぶ★が苦手なひとはここでストップしてくださいね!

掲載許可取り忘れたけど載せる!!!
需要がないと分かっていても上げる!!!


それでは、追記から早速
マリヒカ劇場のはじまりはじまり〜〜!!ヾ(^▽^)ノシ

マリオ
「ヒカリ
 ここまちがってる」


ヒカリ
「えっ・・!
 ど、どこ・・!?」


マリオ
「ホラ このスペル」


ヒカリ
「ん…
 ほんとだ、ありがと…」

ヒカリ
「あとは大丈夫だよね?」


マリオ
「何?
 まだ勉強教えてもらいたいの?」

ヒカリ
「えっ
 ……いや、
 ごめん・・・・」


マリオ
「勉強じゃなくてもいいけどね
 教えるの」

ヒカリ
「意味わかんないし!
 もう大丈夫だからっ!!」

(いちいち近すぎなんだよ
 マリオのばかっ)

マリオ
「何想像してんの
 ヒカリくんは」

(赤くなってカワイー)


ヒカリ
「そっ
 そっちこそ!!!」

ヒカリ
「もういいから
 ありがと!!」

マリオ
「えーーーー
 せっかく家で数学教えてあげようと思ったのになー」

ヒカリ
「う゛っ・・・
 す、数学…!!」


マリオ
「ヒカリ苦手だよねーーー
 この前のテスト25点だったもんねーーー」

ヒカリ
「確かにマリオは数学得意かもしんないけど…っ
 う゛ぅ…っ」

マリオ
「素直に教えてって言えばいいのに!
 ホラ!
 さんはいっ!」


ヒカリ
「お・・・・っ」

ヒカリ
「教えて・・・
 ほしい・・・・・
 です。


マリオ
よし!!
 えらいえらい」

なでなで

マリオ
「このマリオ様が教えてしんぜよう」


ヒカリ
「・・・
 じゃあ今日掃除当番終わったらマリオんち行くから
 先帰ってて。」

マリオ
「え、なにヒカリ
 今日当番なの?
 さぼっちゃえよ」


ヒカリ
「だっ
 だめだよ!」

ヒカリ
「それに・・
 マリオとふたりで帰るのはいやだ。」

(絶対家着く前にしぬっ)


マリオ
「えっ!!
 ナニソレ」

「ちょっとヒカリ
 それどーゆー意味なの」


ヒカリ
「マリオは…っ
 一緒に帰ってくれる女子がいっぱいいるだろっ」

「いつもどおり
 その子たちと帰ればいいじゃん」


マリオ
「!!」

マリオ
「ヒカリ……
 それ…もしかして…

 ヤキモチ?


ヒカリ
「な・・っ!?」

ヒカリ
「だれがっ
 だれにっ!!」


マリオ
「もちろんヒカリが僕に!!」

ヒカリ
「・・・はぁっ

 ほんとにマリオは・・・・

 わかってやってたら罪重いからね?」


マリオ
「ヒカリからの罰なら何だって受けるけどね

 あっでも僕どMじゃないから痛いのは勘弁して★」

ヒカリ
「じゃあ…
 やっぱり今日そうじ終わるまで待ってて。

 明日もあさっても。」


マリオ
「ヒカリ・・・」

マリオ
「それさ
 プロポーズってゆう意味で受け取ってもいいの?

 え、ほんとにいいの?」


ヒカリ
「だっ誰も好きとかは言ってないだろ!!」

マリオ
「あれ?おかしいな
 僕にはそう聞こえたのに」

にやにや


ヒカリ
「かってにすればっ」

ヒカリ
「とにかく今週はぼくに付き合ってもらうからねっっ」


マリオ
「ハイハイ、
 どこまでもお供しますよ
 僕のおひめさま★」

めでたしめでたし★\(^▽^)/

めでたいのはわたしの頭だ!!はは!

絵茶でふたりでマリヒカやってると、マリオがヒカリすきすきーすぎて
ついついヒカリをツンデレボーイに仕立ててしまいます^p^

ヒカリのリアクションがワンパターンになりがちなのでもっと話術?を磨きたい今日この頃。



ここまででとても幸せだったんですが
その余韻に浸りたくて動けなくなった。

いつまでも浸りっぱなしててもしょうがないので、最後にもう一枚。


ヒカリ
「うおっ!!」

マリオ
「ヒカリ〜〜
 さむいよーあっためて!!」

ヒカリ
「なっー!!
 もーちょっとはなれて!!
 あついからっ」

マリオ
「いーじゃんいーじゃん
 好きなんだからゆるして」

ヒカリ
「・・・はぁ。
 ほんとにしょうがないなぁマリオは。」


おしまい★


なんでBLなのにこんなにマリヒカ萌えるんだろうと思ってちょっと考えてみたんだけど、
たぶんあれなんだ。
わたし、マリオとヒカリ好きすぎるんだ。

わたしの場合、カップリング作るときって、「×自分」の願望を満たしたくて、
適当な女の子に自分を投影して、自分好みのキャラクターとくっつけたがる、
という心理であることに気がついた。

だけどロマって、アバターチャットみたいなもんだから。
カップリングしようとしたときに、「×自分」が成立しないんだよね!

たとえば、ミッちゃん=わたしじゃなくて、ミッちゃん=ミッちゃんだから。
ヒカリ×アカリだったら、両方わたしの分身だから、自分の欲求が満たされるんだけど、
ヒカリとミッちゃんをくっつけようとすると、
そこは「ヒカリ×わたし」じゃなくてどうしても「ヒカリ×ミッちゃん」になっちゃうんだよね。

そこに、
ちょっと、
しっとをしてしまう
とゆう・・・^p^
えへ!

だけど男の子同士だったら、それはもう現実にはありえないファンタジーだから
しっとすることもなく、思いっきりいちゃいちゃさせて楽しめるのだと思います。

さらにヒカリもマリオも大好きだから、
ふたりをくっつけることで両方との「×自分」を味わえる、とゆう・・・^p^www


ーー理解されがたいだろうな、この心理!!


つまりヒカリに恋してるってコト!

あ、でもちゃんと二次元と現実の恋愛とは割り切ってる(つもりだ)から心配しないで、ね…^p^!

| おえかきチャット | 06:03 | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 06:03 | - | - |
うはよう\(^o^)/昨日も素晴らしい夜をありがとう!!!
楽しかったよおおお(´Д`*)!!キュンキュンした!
萌え転がったりお花畑できたり出血したり…終始にやにやでれでれ^p^
それにしてもスペルに変えてよかったわww漢字はないわww
え!話術これ以上磨かなくても充分なのに!私が萌え死ぬよ!!!
てかもうヒカリのツンデレ具合が最高に可愛かった!おいしかったごちそうさま!
最後マリオがゴロニャンな感じでヒカリに抱きつけて幸せでしたお…(*´v`艸)

あと、語り部分に激しく同意!わかるよ!
私の場合は、男の子×女の子(自分)のノーマルカプの場合、適当に描いた女の子に自分を投影してみるけどどうしてもその女の子を通しちゃうからちょっと妬けるんだけど、男の子×男の子(自分)の場合は、それがないんだよなあああ不思議/(^o^)\!!!
2人共好きだからくっつけることで2度美味しいみたいな^^^^

要するにマリヒカ大好きってことだ!ありがとう!
| Mにゃん | 2009/11/03 12:02 PM |
>Mにゃん
あとね、わたしがまりにゃん大好きすぎて、
まりにゃんの分身のマリオに可愛がってもらえるのがうれしいってゆうのもある!
というのを記事につけたそうと思って抑えた(*´∀`*人)

漢字バージョンもばっちりログとってあるよ★
あれはあれでシュールなかんじがしておもしろいんだけどなぁ〜笑。

ヒカリ→マリオの順番で描くときいちいち描き出しのマリオが顔近くて
画面の向こうでヒカリとおんなじリアクションしてたよww
「マリオ近っ!!(*◎Д◎*;)」
大胆なマリオがだ・い・す・き!!
どんどんからまっていいのよ(はーと)


「語り部分」www
・・・はい、うっかり語ってしまいました\(^p^)/!!
そう、そうそうそう、
うまく言葉で表現できなかったんだけど上手に代弁してくれてありがとう!
やっぱりね、創作において「いかに自分が二次元に入り込めるか」ってゆうのが大事なんだな、うんうん。
これが真の意味での現実逃避ってやつか・・・・・・

要はまりにゃん大好きってことだ!ありがと!!
| ひめり | 2009/11/04 1:37 AM |









http://cherblue.jugem.jp/trackback/108